FX講座

海外FXのハイレバレッジ(ハイレバ)は本当に危険なのか?リスクは国内FXの方が安全?

ハイレバレッジ 危険
テルちん
テルちん
こんにちは、テルちんです。

今回は、ハイレバレッジの危険性について検証していきます。

 

よく、読者のみなさんから

「海外のFXではハイレバレッジなので危険という記事を見かけますが本当ですか?」

とご質問を受けましたので、事例を元に検証していきたいと思います。

まずはレバレッジについての説明からしていきますね。

FX自動売買で自動的に

資金効率が高いレバレッジの効果とは?

 

レバレッジとは、

簡単に言うと、少ない資金でも多額の通貨で取引を行う方法。

つまり、自分の『資金×レバレッジ』が取引可能な金額となります。

 

10万円の資金で1ドル100円だとすると、

 

レバレッジ1倍なら、

100,000÷100=1000通貨分の取引しかできません。

国内の最大レバレッジの25倍なら

100,000÷100×25=25000通貨までの取引が可能。

国内の証券会社は、日本の金融庁に登録をしていて、
その決まりに基づいて最大でも25倍と決まっています。

国内のものだと少額の1通貨の取引ができるものもあります。

 

ところが海外のFX会社では、
日本の金融庁に登録をせずに海外の金融ライセンスを保有しており

レバレッジの25倍規制がなく、
500倍やXMの888倍や1000倍の
レバレッジ取引が可能なFX証券会社があります。

このように、25倍以上の
レバレッジ取引ができるものを
ハイレバレッジ(ハイレバ)とよびます。

 

ハイレバレッジは本当に危険なのか?

 

ここまでで、
レバレッジの意味が解ったかと思うのですが、
ハイレバレッジ(ハイレバ)の危険性についてお話していきますね。

よくサイトやブログを見ていると、

『ハイレバレッジはリスクが高く危険』

このように紹介しているものを多く見かけるかと思います。

 

一方で、

・ハイレバレッジはリスク回避に繋がる

・効率的に小資金で稼ぐもの

という紹介をしているものもありますよね。

 

実は、どちらも正解です。

 

「じゃあ、どう判断すれば良いの?」

って思いますよね。

 

実は、運用の方法によって危険度が違うので

どちらも正解なのです。

 

それでは、具体的に例を挙げて説明していきます。

 

ハイレバレッジが危険と言われる理由

 

それでは、ハイレバレッジが危険となる運用の仕方を説明します。

レバレッジというのは、テコの原理と同じで

少ない資金でもレバレッジを効かせることによって、
実際の資金以上のトレードができるようになります。

 

【12万円の資金を口座に入金した場合】

解りやすいように1米ドル100円として計算していきますね。

【レバレッジ10倍】

資金の8割分相当額の10万円のトレードすると

100,000円÷100円/$=1,000通貨

1,000通貨×10倍=10,000通貨の取引が可能。

 

【レバレッジ1000倍】

上記と同じように、
資金の8割分相当額の10万円のトレードすると

100,000円÷100円/$=1,000通貨

1,000通貨×1,000倍=1,000,000通貨の取引が可能。

レバレッジ10倍なら、
1万通貨でトレードし

レバレッジ1000倍なら
100万通貨でトレードをすることになります。

 

1ドル当たり1銭(0.01円)の変動があれば

レバレッジ10倍なら100円の変動で、
1000倍では、1万円の変動となります。

 

買い注文したとして円が上がれば良いですが、

逆に10銭下がったとして決済すれば、

レバレッジ10倍なら1000円だけの損益。

レバレッジ1000倍なら10万円の損失。

 

100倍の差があるので当然ですが
以上のような結果になります。

入金額のほとんどを取引に当てて、
ハイレバレッジで運用すれば
一瞬で資金がなくなります。

リスクの塊で恐ろしくて
ハイレバレッジでの
FXをやって見ようとは
とても思えないですよね。

これが、ハイレバレッジを
最大限に利用してトレードを
した場合の話です。

実際は、このようなリスキーな
取引は誰もしません。

一瞬で撃沈しますので・・・

 

ハイレバレッジで取引通貨を同じにするとどうなるのか?

 

前述では、最大限にレバレッジを
効かしてトレードした場合について
お伝えしましたが、

ここでは取引通貨を
同じにして比較をしていきますね。

 

【12万円の資金を口座に入金した場合】

1米ドル100円として計算。

【レバレッジ10倍】

資金の8割分相当額の10万円のトレードすると

100,000円÷100円/$=1,000通貨

1,000通貨×10倍=10,000通貨の取引。

 

【レバレッジ1000倍】

上記と同じように、
10,000通貨分の取引をするために必要な資金は

10,000通貨÷1000=10通貨×100円

1,000円で10,000通貨の取引が可能。

レバレッジ10倍なら、
1万通貨分の取引を行う場合には

必要証拠金として10万円の資金が必要です。

一方で、レバレッジ1000倍なら
わずか1000円の資金があれば
1万通貨分の取引が可能になります。

 

ここで、0.1円(10銭)価格が下がると
両方とも同じ通貨量の1万通貨で取引をしているので

1000円の損失ということになります。

 

つまり、ハイレバレッジであろうがなかろうが
同じ通貨量でトレードをする限り、
リスクに関しては同じということです。

 

だから、同じ通貨量で運用して幾分には

『ハイレバレッジ=リスク大=危険』は間違い

同じ取引量であれば、
リスクは変わらず同じだということです。

 

資金が少ない人は、お金を貯めなくても
1000万円の資金で
国内FXのレバレッジ25倍でトレードするとすれば

海外FXのレバレッジ1000倍で
取引をする際には、
40分の1の資金25万円があれば
同様のトレードができるということです。

 

つまり、

・ハイレバレッジ=小資金で運用可能

・リスクは同じ

という認識でOK!です。

 

リスクの大小は、レバレッジではなくトレードのロット数で決まる

 

先ほど、リスクはレバレッジの大きさで
決まるものではなく

実際にトレードを行うロット数で
リスクが左右されることが
解ったかと思います。

 

FX初心者で勘違いされる要因は、
資金に見合っていないロット数で

トレードをしてしまうことがリスクが高く
敗因の原因になっていることが殆どです。

これは、早く稼ぎたいとという
焦りからくるものですが

証拠金(運用資金)見合った
適正なロット数でFX取引を行うことが
リスク回避に最も重要です!

 

トレードはメンタルが大事と言われていますが、
勝つために守るべきるルールが存在します。

それを徹底することが、FXで勝つための秘訣ですので
覚えておいてくださいね。

では、次にどのような取引を行うのが
BESTなのかをみていくことにしましょう。

 

証拠金維持率を確認!

 

FXでの取引を行う際に
重要なのは証拠金維持率という言葉があります。

 

【証拠金維持率とは】

必要証拠金に対する純資産の割合のこと。

 

 

この証拠金維持率が100%以下になると
ロスカットという強制的にFX会社が

それ以上の損失を受けるのを防止するため
強制的に決済を行うもの。

各FX取引所によって証拠金維持率が
50%や80%でロスカットが行われるなど
違いがありますので、
事前に確認をしておいた方が良いですよ。

 

このロスカットを防ぐためには、

・証拠金を増やす(口座に追加入金)

・保有しているポジションの一部の決済

この2つの方法があります。

 

実際のところ、
ここまでくると既に手遅れです。

そうならないためには、

証拠金維持率は1000%を下回らないように
運用していく方法が良いと言われています。

 

その手段として、

・運用資金はなるべく多く入金しておく

・小ロットで運用する

・ハイレバレッジでの運用

このような方法がベストです。

 

国内FXと海外FXでのゼロカットシステムについて

 

日本国内FXにはゼロカットシステムがない

 

国内FX会社では、トレーダーに対して運用している資金以上にマイナスが発生しないようにロスカットシステムを採用することが金融商品取引法により定めれれています。

証拠金維持率は、証券会社によってマチマチですが、お概ね100%以下というのが一つの目安です。

証拠金維持率の高いものから順に示したものが下記になります。

・外為どっとコム:100%
・じぶん銀行:100%
・ヒロセ通商:100%
・インヴァスト証券:100%
・大和証券:50%〜100%(レバレッジに依る)
・DMM.com証券:60%
・楽天証券:50%
・GMOクリック証券:50%
・OANDA Japan 株式会社:50%
・マネックス証券:20%〜50%
・SBI証券:30%

口座残高がマイナスにならないように
現在抱えているポジションを
強制的に証券会社が決済します。

証拠金に余裕がある状態で強制ロスカットが入るので、
残高がマイナスになるリスクは低いですが、

裏返せば簡単にロスカットになるということです。

 

外為ドットコムの例で見ていくと、

証拠金100万円で運用していて、
自分が持っているポジションが
相場と逆を行った場合。

 

国内のFX口座では、
提示されていロスカット水準の
パーセンテージを下回ると
『追証』が発生します。

『追証はマイナスの残高にならなくても発生』

追証のメールが送付されてくるのですが、
期限内に証拠金を追加しないと

手数料を取られて、
資金以上のマイナスが発生しないように

証拠金維持率が回復し
100%を超えても追証は続くので要注意!

 

さらに急激な相場変動で
強制決済による

『ロスカットが間に合わなかった場合の負債は個人が負担!』

証券会社が負担すべきでは?

と思うでしょうが、日本の法律によりマイナス残高のリセットができないこととなっているからです。

つまり、トレーダーを負債をなし(チャラ)に
したくても法律で規定されているためできないのです。

 

海外のFX口座では、ゼロカット制度(システム)が採用

 

日本国内の金融庁に登録した証券会社では、
上述のようにゼロカット制度は採用されていません。

しかしながら、海外のFX会社では、
ゼロカットシステム(制度)によって

相場の急激な変動によって
口座の入金額以上の損失(マイナス)が発生しても
口座会社がその負債を補填してくれます。

国内と同様に海外でも、証拠金維持率が一定の水準以下となれば強制決済はされますが、入金額以上の負債を抱えるリスクはゼロとなります。

『海外FXには、追証がありません』

つまり、口座に入金した金額以上の借金を抱えることはないということです。

 

まとめ

ハイレバレッジに関する認識も変わったのではないでしょうか。

ハイレバは、資金のすべてを

限度ギリギリのロット数で取引をすることはハイリスク以外の何物でもないのです。

 

同じ取引通貨で運用することを考えた場合は、
小資金で運用できるので

間違った認識は捨てて頂いて
活用していく方がメリットが大きいと思います。

ゼロカットシステムを採用している
海外FXのリスク回避も重要なポイントですね。

別に国内のFXが悪いということはないのですが、
国内FXでは法律上、

入金額以上の負債を抱えるリスクがある
という事を認識して下さいね。

 

ハイレバレッジで運用でき、裁量で稼げる自身が無い方はFX自動売買ツールで自動で稼ぐ方法があります。

下記のものは私も運用しているもので、完全無料で使用できますよ。

ビーストプラスEA
Beast+(ビーストプラス)の爆益EA【平均月利39%】かなり怪しい?本当は稼げないEA?Beast+(ビーストプラス)のアップデート前の「Beast(ビースト)」は、月利で77%稼いだツールということで初心者を釣るための誇大広告にしか思っていなかったので、興味すら抱きませんでした。読者の方から 「Beast(ビースト)は本当に稼げるEAですか?」 という相談依頼が多数寄せられたので、実際に運用して検証してみて、現在に至るまで記事にしてみました。...