FX講座

FX投資のメンタルの重要性について

FXメンタル

投資で最も鍛えないといけないのはメンタルです。

もし、これまでに
FX投資に限らず株式投資も含めて
投資をしてきた方は、

メンタルの重要性は
よく知っているのでは
ないでしょうか?

勉強もロクにせずに
たまたま採用したロジックが
当てはまり

大勝をしてしまうと
そのギャンブル性の魅力に
取りつかれて

資金を失った方は
数多く存在します。

この記事では、
FX投資の最優先させなければいけない
考え方が解るようになっています。

利益を上げるよりも守ることを徹底する

 

資産運用

 

FXで良く勘違いをされているのが、

あくまでFXというのは投資であり、
決してギャンブルではないということ!

お金を増やすことにばかり意識がいくと
結局はお金は減っていきます。

優先すべき点は、以下のとおりです。

①お金を減らさないこと

 

相場に優位性が無い時に、

何でもかんでも上か下かを狙って
エントリーを繰り返す

「ポジポジ病」で

相場を無視した無謀な方法。

当然ですが、

相場の優位性を考えずに
エントリーをしても

まぐれで勝てるぐらいで長続きしません。

自分の手法が通用するときだけ
ポジションを持つようにしましょう!

無駄なポジションを持つと
お金を減らす一番の原因ですよ。

 

②必要以上にお金を減らさないこと

 

いくら勉強して分析しても
自分の想い通りに
相場は動かないものです。

その時は、
自分なりの運用ルールを
決めておく必要があります。

例えば、
5%以上の資金を減らさないように
運用すると決めたら、

想定した資金の範囲内で
損切を行うようにします。

勿論、トレードの前には
相場分析をしたうえで、

相場が逆行することも想定し
あなた自身の描く

トレードプランを守り
絶対に損切を行いましょう。

このように、
損失被害を最小限に抑えることが
お金を増やす近道になります。

 

③お金を増やす

 

お金は増やすことより、
減らさないことを重点的に運用していきます。

あなたの手法が相場と
合致すれば、資金は増えていくはずですから。

意気込んで、
「今日は頑張って稼ぐぞ~」

とは思わないことです。

 

なぜなら、
あなたの都合に合わせて
相場は動いてくれません。

あなたが相場に
合わせないといけないのです。

1日で見れば負ける日もありますが、
投資はトータルでの収支がどうなるかです。

「少しづつ増えるといいなー」

ぐらいがちょうど良いのです。

そうすれば
メンタル的にも楽になり
トレードもゆとりが生まれて
良い方向に向かいます。

 

ポジションを持つときは根拠を持つこと

 

メンタルを考えると徹底して
行う必要がある鉄則があります。

根拠が無いエントリーは避ける

 

今日は、
休みが取れたから
1日中トレードしようと
考えるのは間違いです。

トレードを行うタイミングは、
利益確定できる確率が
高い時にするもので、

1日に〇回トレードをすると
決めつけるものではありません。

 

エントリーすることが楽しい

 

エントリーをすることが、
好きで楽しいと感じる人は、
ギャンブル依存の可能性もあります。

FXは投資ですから、
上か下かをかける
丁半賭博とは違います。

大きなロットで
エントリーして
上か下かを決めるゲームでは

ありませんので、
根拠がないトレードは
絶対にやめることです。

 

連敗すると恐怖心が

 

高い勝率でトレードができたら
資金が増えると思っている
人が多いですが、

少し例を挙げて説明していきますね。

 

〇が勝ちで、バツが負けたとします。

①〇〇×〇〇×〇〇×〇〇×〇〇〇〇×〇〇

②×××××〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

①と②も同じ〇と×の数で確率は同じです。

立て続けに5連敗を喫することもあるという事例ですが、起こり得る事実の一つです。

ポジションを複数持つとドキドキすることはありませんか?

 

買いポジションを持っていたとしましょう。

ここがサポートラインと
思っていたのに、
割れてしまった時です。

当然ですが、
サポートラインでピッタリで
反発を始めるとは限らない
ということは百も承知しています。

しかし、
価格がここまでで損切しようという
ルールを徹底していなかったので
怖くなってきた。

いったいどこまで
下がり続けるのか。

不安と恐怖で
心臓が持ちません。

 

頭の中は恐怖心で満たされています。

 

ところが、相場は回復どころか
どんどん含み損を増やし
チャートは増々下がっていくばかり。

恐怖心から、
両建てで買いポジションの
倍のロット数で売りを
成行きで入れてしまう。

そんな時です。

反転するのは。

頭の中では解っていたのに、
なぜ最悪のタイミングで
売ってしまったのか?

ポジションを持った瞬間に
自分に不利になるように
動いてしまったという経験は
ありませんか?

プロの投資家達に、
あなたの心理状態を
読まれているのかもしれませんね。