FX講座

FX投資で稼ぐ方法について(初心者・勝てない人必見)

テルちん
テルちん

投資に興味があって、やってみたいけどやり方が解らない。

そもそもリスクが大きいから危険だと思っている人が殆どではないでしょうか?

 

私がブログを始めたきっかけは、
多くの投資家が資金を増やすどころか

失ってしまっているという実態から、
何らかの形でお役に立てればと思い
情報発信をすることにしました。

 

株式投資、FXなどが
誰でも簡単に取り組めるので
人気がありますが、

レバレッジ効果がある
FXの方がお勧めできる
投資だと考えます。

 

投資は、気軽に挑戦ができる反面、
勉強をせずにチャレンジすると
破綻することが目に見えています。

 

なぜなら、
相場という予測不可能な市場を相手に
取引を行うから8割以上の方が
負けているというのは、

『全て勉強不足からくるものです』

 

付け焼刃的な手法で、
一時的には稼げても

長期的に勝てないというのは、
勉強が足りていないということ。

スポーツでも何でもそうですが、
やり方が解らずに自己流でやっても

上手にならないのは当たり前ですよね。

この記事では、
どのようにすれば
FXで稼げるようになるのかを
解説していきます。

 

FXは場当たり的な方法では、ギャンブルと同じ!

 

ギャンブル

よく、SNSのツイッターで、大きな収益を上げたことをツイートしているものをみかけたりしますが、運よく一時的に勝てたとしても同じような速さで資金を減らす結果が待ち受けています。

 

FXは基本的に価格が上がるか下がるかを当てれば勝てるのですが、それでは確率は常に50%です。

このような賭けのような方法では、長期的には絶対に続きませんし、長期的に資産を構築するためには技術を身に付けることは不可欠で、コンスタントに稼ぎ続ける技術を身に付けることが一番トータル収支が大きく資産を生み出します。

 

 

FXとは何か(初心者向け)

 

FXとは、レバレッジを効かすことで少ない資金でも、大きな取引ができるので資産形成をしていくためには、数ある投資の中でも一番効率が良いものだと思います。

 

しかも取引は24時間行われ、休みは土曜・日曜となっていますので、株式市場よりも取引の機会が多いというのも大きな特徴となっています。

 

【FXで勝てるようになる為には】

 

それでは、FXで勝てるようになる為にはどうすれば良いのでしょうか?

 

FXを知ることから初めてみましょう!

 

私も多くの失敗の経験をしてきましたが
FXとは何かという『FXの基本』を
熟知していなくては勝てません。

 

稼ご多くの人が小手先だけのテクニックで
稼ごうとしますが、
そもそもこの考え方が間違いです。

 

特にFX未経験の初心者の方は以下のことを
頭に入れて下さい。

・資金管理が重要

・実行レバレッジの重要性

・FXは相対取引なので逆張りに向かない

・投機取引の特性

・絶対に勝てるノウハウは無い(常に研究が必要)

 

以上の事がベースとなります。

 

FX為替取引がどのようなものなのかを知らないでトレードをしてしまうと、無謀なポジションを抱えていずれ資金破綻することが目に見えています。

 

【銀行の為替ディーラーの教育システムについて】

 

私がFXに興味を持って間もない頃の話ですが、私の知り合いに外資系の銀行で為替ディーラーとして働いている人がいました。

 

そこで、「FX為替のトレード手法は銀行ではどのような方法を教わってきたのか?」

を聞いて見ました。

 

すると驚きの答えが返ってきたのです。

 

その超有名な外資系銀行では

為替ディーラーとしての『教育システム』は存在しない。

 

他の元外資系ディーラーにも
確認をしてみましたが、

答えは同じで、
「教育ノウハウ」は無いとのことでした。

 

【ではどうやって、プロの投資家になれるのか?】

 

為替トレーダーがプロになる方法は、「OJT」

カリキュラムによって現場での
実践を通じて学ぶようです。

先輩や上司のアシスタント的な
業務をこなしながら、

端末の使用方法や
取引のタイミングや帳票の残し方などを

先輩たちの手法を
横目で見ながら観察して
学んでいくみたいです。

 

一通りの知識がある程度身に付いた段階で、
新人ディーラーは、

突然先輩ディーラーからトレードの
実践をするよう言われるらしいです。

 

正直、勝てるノウハウが
用意されているものと思っていましたが、

投資のプロですら
実践形式で学んでいくしか方法がない
ということを思い知らされました。

 

個人トレーダーと為替新人トレーダーとの違いは?

 

これまでの話を整理すると、
我々が初めてFX投資に
挑戦することと大差はありませんよね。

 

勉強もせずに、
いきなり実践をするのは

結構無謀な挑戦かと思うのですが、
圧倒的な違いがあります。

 

どういう点が違うのかというと、
銀行の新人ディーラーは

プロの上司たちが
資金(ポジション)管理をしているところです。

 

新人に対しては、
このポジション管理が徹底されていて

大きなポジションを
持たせてくれません。

 

誤って持ってしまったポジションは
先輩たちによって

強制カットされ
損失を受ける可能性がある

ポジションを持たない
配慮がされています。

 

つまり実践形式を通じて、
トレードのトレーニングを重ねていき

間違った方法で運用すれば
直ちに正されていきます。

 

損失ポジションを抱えていると
強制的なカットをされてしまうため、

メンタル的なダメージを被ることとなりますね。

 

決まったトレード手法は存在しない

 

新人トレーダーは、
トレードすることが仕事ですから

取引の失敗はいつまでも許されません。

そのために、
無我夢中で相場の勉強しながら

トレーディングの経験を
積み重ねているのです。

 

私は知人の話を聞いて、
仕事して取り組むプロ中のプロですら

『FXの教育システム』が
確立されていないことを
初めて知りました。

 

つまり、FXに関しては
絶対に勝てる手法が

確立されていないため、
マニュアルが存在しないということです。

 

まとめ

 

トレーディングは自分自身が勉強して、
身に付ける以外に方法はないと悟りました。

 

個人トレーダーと
銀行新人ディーラーとの違いは、どこにあるのか?

・資金管理

・目的意識

この2点となります。

 

逆にこの2点を徹底していけば、
個人投資から始めても
市場での活路があると言えるのです。

 

世界的にも有名な大手銀行の
為替ディーラーですから、

独自の極秘ノウハウがあり、
それに基づいた教育システムが

確立されているものと思っていましたので・・・

 

・FXの基本を知らないとすぐに資金を無くす

・FX技術は、段階的に学んでいく必要がある

 

このブログでは、

FXの基本から、
技術まで段階的に学べるようになっていますので、
是非ご活用ください。