FX講座

【FX初心者向け】相場分析の方法はファンダメンタル分析とテクニカル分析どちらが重要?

FX 初心者 相場分析
テルちん
テルちん

こんにちは テルちんです。

今日は、FXの相場分析の方法について解説していきます。

FXでは、相場変動によって利益を確定していく訳ですから、根本となる相場を分析できる力を身に付けることが重要です。

しかし、初心者にいきなり相場を分析して取引をしていくといっても何から手を付けて予想をして行けば良いのか解らないですよね?

今回の記事では、相場分析を大きく分けて2種類ありますので、それぞれの重要性について解説をしていきます。

相場の分析方法!「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」とは

 

相場分析

それでは、いきなりFX為替投資の初心者のあなたにとって相場の分析方法が大きく2つあるといってもどのような分析の仕方があるのか解らないでしょう。

専門用語になってきますが、分析の手法には「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」の2種類があります。

FX投資に限らず株式投資でも同様です。

まずは、それぞれの用語について覚えていきましょう!

これで初心者から脱却して中級トレーダーとなるために必要な為替取引用語になっていますので理解していくようにしましょうね。

「ファンダメンタル分析とは」

 

「ファンダメンタル分析とは」

ファンダメンタル分析とは、簡単に言いますと経済ニュースや各国の要人(大統領や首相)が発表する世界の主な経済指標を元に現在の相場を分析を行って、将来の相場を予測していく方法です。

「ファンダメンタル分析」は過去に起きた出来事や現在進行形で生じている出来事や将来的に予測される事態を分析・比較し、未来の為替相場を予想していくものです。

お判りかと思いますが、株式投資であれば日本国内だけで良いですが、世界中の膨大な経済上情報を入手して、頭の中にインプットし政府関係機関だけでなく民間企業が発表する経済指標を総合的に判断し、分析を進める必要があります。

明日から、いきなり実践といっても、なかなかできるものではありません。

日頃から、日本だけでなく世界中で起きている経済ニュースは勿論、自然災害などをチェックし続けていかないといけませんので難易度は高いです。

経済は、過去から現在に向けて常に変動を繰り返しており、世界で起きている事象の一つを一つを見逃しても正確に分析をすることはできないということにも繋がります。

現実的に考えて、何年もかけてかけないと身に付かないということは理解されたかと思います。

このテクニックは、付け焼刃的なもので身に付くものではありませんから、そのような経済指標が発表されたら、相場を読むのではなく取引を中断することをおすすめします。

取引を行っているものがあれば、速やかに決済し急激な相場変動によるリスクに備えて、大きな損失を回避することが大切な資金を守る方法です。

「テクニカル分析」

 

「テクニカル分析とは」株価やFX通貨ペアなどの相場の値動きの推移をグラフ化した「チャート」を分析することを「テクニカル分析」といいます。投資家達の心理状態を分析することで、将来の為替値動きを予測するという手法になります。

代表的な「テクニカル分析」としては「ローソク足」、「ボリンジャーバンド」「単純移動平均線」「ストキャスティクス」「RSI」「MACD」というものがあります。

「テクニカル分析」は前述しました「ファンダメンタルズ分析」のように膨大なニュースや知識を頭に詰め込む必要はありません。

チャートから読み取れる値動きだけに着目し視覚的に分析していく手法ですので、初心者にお勧めの分析の仕方になります。

やみくもに勘や運のみでトレードしていくのは丁半博打と同じギャンブルになってしまいます。

このように、過去の相場データの分析をすることで将来予測ができるため、機械的に行うことができますから「自動売買プログラム」がこの世に多く出回っているのはこのためです。

それでは、「テクニカル分析にどのような方法があるのか?」について解説していきます。

テクニカル分析の方法

テクニカル分析というのは、一つの手法ではなくチャートから読み取れる情報を基に解析・分析をおこなう方法ですから、たくさんの種類があります。

大きく分けると2つに分類されます。

・トレンド系指標による分析

・オシレーター系指標による分析

初心者のあなたに知っておいて欲しい特徴についてお話していきますね。

トレンド系指標の特徴

トレンド分析は、大きな視点でとらえた時に相場がどちらに向かっていて、今後同じ方向に向かうのかということを知ることができるので、順張りトレードを行う方法(指標)となります。

マーケットの世界でもトレンドという言葉があり「相場が動く方向のこと」を指します。

チャートを見ると直線的な動きではなく、山あり谷ありの形状になっています。

「山の頂点の高値」と「谷の底部分の安値」を繰り返してジグザグの動きをしていますが、大きな視点でとらえた場合に、トレンド相場がどちらの方向に向かっているかを見極めることができれば大きな武器となります。

分析方法は以下の通りです。

・移動平均線
・MACD
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド

では、トレンド相場の判断をどのようにしていくのかを見ていきましょう!

 

基本的なチャートを使ったトレンド相場の見方

 

ここでは、基本的なトレンド相場の判断の仕方を解説していきますね。

安値aと安値bを比較したときに、安値aの価格よりも安値bの価格が大きくなった場合に上昇トレンドになったと判断します。

安値同士を結んだ線と高値同士を結んだ線をいわゆるトレンドラインと呼びます。

チャートの山の頂点「高値A」から「高値D」同士を線で結んだラインを上値抵抗線(レジスタンスライン)、谷の底にある安値同士を結んだ線を下値支持線(サポートライン)と呼んでいます。

この2つのトレンドラインで囲まれた部分を「トレンドチャネル」と呼びます。

これら2本の線(トレンドライン)に囲まれたゾーンをトレンドチャネルと呼びます。

高値A < B < C < D 、安値a < b < c < dの関係が成り立った時に「上昇トレンド」の相場と判断することができます。

上昇トレンドにある場合は、ローソク足の安値同士を線で結び、下降トレンドの場合はローソク足の高値同士を線で結ぶようにしていきます。

 

 

コチラの図では、実際のチャートを使ったものになっていますが、できるだけローソク足の安値同士または高値同士のそれぞれ3点が1本の綺麗な線で引けることが理想的とされています。

逆に、上手く3点で結べない場合は、信頼性がないとされています。

この手法を使えば、今の相場が上昇トレンドなのか、あるいは下降トレンドなのかの判断はある程度できるようになると思います。

トレンドラインを引くコツとしては、まず始めの点をはっきりさせることが大切で、途中の多少の上下のはみだしは気にしなくて構いません。

線を引いていった時に、大きくずれてしまうは、あなたが描いたラインが間違っているか、トレンドが変わった時になります。

高値の高さは少しずつ異なりますから、どうしても初めは難しいと思いますがチャレンジして身に付けてくださいね。

これで相場がどちらの方向を向いているかの判断ができるようになるでしょう。

トレンド相場の特徴については、相場の方向性が分かり中長期売買の順張りに使うことが多いです。

・オシレータ―系指標の特徴

感覚にとらわれない判断力が身につく?
とされているのがオシレーター系指標の特徴です。

あなたは、チャートを見ているとひょっとすると

「あり得ないほど売られ過ぎだ」
「ありえないほど買われ過ぎだ」

というような
あなた独自の指標で捉えている場合はありませんか?

このような根拠が無い方法では、
いつまでたっても上手くトレードはできません。

オシレーター系指標は簡単にいうと
「売られすぎ・買われすぎ」を判断する指標の事です。

客観的な視点で示してくれる判断できる方法がオシレーター系指標になりますので、感情に左右されないトレード指標ということができます。

オシレーターってどういう意味?

 

そもそも投資初心者は、オシレーター(Oscillator)という言葉は馴染みが無いので、その意味が解らないと思います。

オシレーター(Oscillator)

・直訳すると「振り子」のことです。

相場というのは、振り子のようにある程度の範囲で収まるということが統計的にでていますので、短期的にみればこの振り子のように一定の幅をもって上下しているのです。

オシレーターの種類について

 

一口にオシレーターといっても分析方法も種類があって、ここでは代表的な6種類について解説していきます

・移動平均乖離率

移動平均乖離率は、今のレートが移動平均線と比べてどれくらい乖離している(離れている)かを示すものです。

移動線乖離率

目的としては、相場が反転するタイミングを知る一つの目安となります。

移動平均線には長期、中期、短期の線がありますが、移動平均乖離率を判定する際は、短期の移動平均線を使用することが多いです。

図のように、上の移動平均線から、実際のレートと移動平均線をゼロとして考えますので乖離がないときはは0%になります。

 

・移動平均線と比べて、レートが上方にある時は【上方乖離】と呼び、プラスで表されます

・移動平均線と比べて、レートが下方にある場合を【下方乖離】と呼びマイナスで表されます。

 

トレンド相場に転換されたと判断できるのは、移動平均乖離率が高い場合です。

急激に移動平均線から離れているとトレンド転換で緩やかな場合はトレンドが継続されているとの判断材料となります。

 

・ストキャスティクス

ストキャスティクスは、相場のいわゆる「売られ過ぎ」や「買われ過ぎ」と「相場の転換」が判る指標となります。

ストキャスティクス

ストキャスティクスの基本となる線は「%Kライン」と「%Dライン」と呼ばれものになります。

【%Kの計算式】↓

%K=(今日の終値-過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)

この式が何を表しているのかですが、当該期間において現状はその変動幅のどのあたりに位置しているのかを%表記の「0~100」で数値化しています。

つまり、この数値が大きければ「 レンジの高値」で逆に小さければ「レンジの安値」に相場があるを示します。

【%Dの計算式】↓

%D=(n日間ストキャスティクスの分子のm日移動平均)/(n日間ストキャスティックスの分母のm日移動平均)

この式の意味は、%Kをm日間で移動平均し緩やかにしたもので、一般的にこの移動平均期間を「3」としています。

%Dが80%以上を示せば「買われ過ぎ」、

20%以下となれば「売られ過ぎ」ということが解るようになっています。

【トレードの考え方】

・SDを%Dが下から上へ抜けた時が「買い」

・SDを%Dが上から下に抜けた時が「売り」

 

また、このラインの交差が「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」の基準値(20%以下と80%以上)で発生した時は信頼性がより高いといえます。

 

まとめ

 

FXの相場分析の方法として、
ファンダメンタル分析とテクニカル分析どちらが重要をお伝えしてきましたがいかがでしたか?

どちらも重要ですが、分析のみ相場が今どのような状況かを知ることが勝つために必要な条件となりますね。

ファンダメンタルも重要ですが、やはり勉強期間が必要なのでコツコツと知識を吸収していくしかありません。

そうするといつまで経ってもトレードを実践できませんから、スタートを切れないですよね。

リスク回避をするのであれば、大きな経済指標の変化があると想定される場合には取引を行わないことで回避できるということです。