FX講座

ローソク足とは

ローソク足

今回は、チャートを分析するうえで
知っていなくてはならない基本中の基本とされるローソク足について解説していきます。

ローソク足とは

 

ローソク足とは、外国為替、株式または金相場などを時系列に沿った形でローソクに似た形状で示された図表のことをいいます。

この図表が「蝋燭の形」に類似していることから「ローソク足」と呼ばれています。

ローソク足は、元来、江戸時代に世界最古と言われる先物市場の米相場で巨万の富を築いたと本間宗久氏が考えたもので、テクニカル分析として明治時代になって確立されたものになります。

ローソク足は、短いものから順に1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、24時間足、1週間、1ヵ月、1年という期間に対する価格を時系列で表したものになります。

ローソク足の見方について

ローソク足

 

この図で、太い胴体の部分と細い線の「ヒゲ」に分類されます。

太い胴体部は、ある期間の取引の開始時と比べて、高値で終わった場合(陽線)と安値で終わった場合(陰線)によって色分けが変わります。

細い線のひげは、どこまで価格変動があったを示すものです。

それではローソク足の見方についてですが、下記の4つの価格がこの「ローソク足」一つで表されています。これを「4本値」といいます。

高値(たかね) : 期間中の高値
安値(やすね) : 期間中の安値
始値(はじめね): 相場が始まった時の価格
終値(おわりね): 相場が終わった時の価格

 

ここで、赤色の陽線と青色の陰線とありますが、
始値と比べて終値が高くなったか安くなったかで
色分けが違ってきます。

 

陽線とは

ある期間での始値よりも終値が高い価格で終了終わった場合に示されます。

このときローソク足の実体部(太い部分)は、赤色となり「陽線」と呼ばれます。

「陽線」だった場合は、売りよりも買いの勢いが強かったことが一目で分かります。

実体部が長ければ買いの勢いが強かったということで、逆に短かければ買いの勢いが弱かったということが、このローソク足で読み取れます。

 

陰線とは

ある期間での始値よりも終値が安い価格で終了した場合に示されます。

このときローソク足の実体部(太い部分)は、青色となり「陽線」と呼ばれます。

「陽線」だった場合は、売りよりも買いの勢いが強かったことが一目で分かります。

実体部が長ければ「売り」の勢いが強かったということで、逆に短かければ「売り」の勢いが弱かったということが、このローソク足で読み取れます。

 

ヒゲ

高値と安値を「ヒゲ」(画像の上下に伸びた細い線)で示すことで、高値圏や安値圏での売りと買いの圧力の強さが把握できるものです。

上ヒゲが長いケース:一時的に価格がかなり上昇したが、最終的に売り圧力が強くなり押し戻されて終わってしまったということがわかります。

これは上昇トレンドが長く継続した後に出現すると、間もなく天井に近い可能性があると読み取ることができます。

下ヒゲが長いケース:一時的に価格が大きく下降したが、最終的に買い圧力が強くなり押し戻されて終わってしまったということがわかります。

これは、下落トレンドが長く継続した後に出現すると、間もなく底値に近い可能性があると読みとることができます。

 

ローソク足のまとめ

今回はローソク足について解説してきました。

ローソク足だけで、相場の深い部分まで知ることができますよね。

これから、あなたがチャートの見方が変わってくると思います。

一つ一つ、知識を吸収していけば勝てるトレーダーに必ずなれますので頑張って勉強して下さい。

 

相場の分析方法はコチラ↓

FX 初心者 相場分析
【FX初心者向け】相場分析の方法はファンダメンタル分析とテクニカル分析どちらが重要? FXでは、相場変動によって利益を確定していく訳ですから、根本となる相場を分析できる力を身に付けることが重要です。 しかし、...

 

エリオット波動で大きなトレンド相場でエントリーできれば収益を大きく伸ばせます↓

エリオット波動 初心者
【FXトレード手法】エリオット波動理論とは?【FX初心者】必見!ダウ理論で第3波が簡単に分かる方法1 FXトレード手法の一つに FX初心者でも再現が簡単な エリオット波動理論というものがあります。 為替相場の波のサイクル...