FX講座

【FXトレード手法】エリオット波動理論とは?【FX初心者】必見!ダウ理論で第3波が簡単に分かる方法1

エリオット波動 初心者
テルちん
テルちん
こんにちは、テルちんです。

FXトレード手法の一つに
FX初心者でも再現が簡単な
エリオット波動理論というものがあります。

為替相場の波のサイクルを予測して
大きく稼げる方法なので、
今後のトレードに役立つかと思いますので
参考にしてみて下さい。

相場というのは、
一つとして同じものはありませんが、
基本的な方法を一つずつ積み上げていきましょう!

この相場ならこの理論を適用すれば
勝てるというものを
自分なりに見つけて下さいね。

それではエリオット波動理論の解説をしていきますね。

エリオット波動理論とは?

 

エリオット波動理論は、チャート分析から読み取れるもので、1938年にアメリカのラルフネルソン・エリオット氏が研究の末発見されたものです。

この理論は、トレンド相場といっても一直線に右肩上がりに推移せずにジグザグの動きをしています。

そのジグザグの動きが
「上昇する波が5つと下降する波が3つで構成された周期を基本としてひとつの周期が成り立っている」というものです。

このような動き方が、当てはまる要因は、人間が相場を動かしているからなんですね。

すなわち人間の集団心理が、このような波の形を形成することとなっています。

 

トレンドという値動きをクローズアップしてみると、一方的に上がったり、一直線に下がったりするような局面は、重要な材料が市場に流れた時以外はあまり見られません。

上昇トレンドであれば、途中押し目をつけながらジグザグの動きで上昇していくことが多いです。
また、下降トレンドも、ボラティリティこそ大きくなりがちですが、途中”戻り”の動きを見せながらジグザグな値動きで下がっていきます。

エリオット波動理論では、そんなトレンドの値動きを「上げ5波、下げ3派」のリズムが1つの周期となって相場に表れるということを説いた理論です。

では、いよいよエリオット波動の見極め方を見ていきましょう1

 

エリオット波動の原則について

 

それでは、エリオット波動の原則として下記の三つがあります。

エリオット波動3原則

①推進波において3波は1波、3波、5波の中で最も長くなる

②推進波の中で2波が1波の始点(スタート地点)を下回らない

③推進波の中で4波の始点が1波の高値を割り込まない

 

エリオット波動

推進派(上昇している波)を数字で、修正波(下降している波)をアルファベットで表しています。

数字の数は推進波の1波3波5波を示しています。

先ほどの原則①では、数字の2から3にかけての第3波は、
推進波の中で1波と5波のラインが一番大きくなるという特徴があります。

ところが初心者では、なかなかチャートを見ても解らないでしょう。

その見つけ方のコツをこれからお話していきますね。

ダウ理論の活用

 

エリオット波動は、3波が大きく伸びるので、
その前に知っておかないと、エントリーのタイミングが解りませんよね。

そこでダウ理論から導くことができるのです。

解りやすいように図で説明していきますね。

 

ダウ理論2

※この図では、左側の黒線は下降トレンドで推移していたことを示しています。

ダウ理論のトレンド発生の考え方

 

ダウ理論のトレンド発生の考え方

①1波の上昇ラインが緑の戻り高値を超える上抜けの上目線(青矢印)

②その後一度下降する(2波)

③その時できたオレンジ色の高値を黄赤矢印でブレイク

④3波の上昇トレンドが発生

 

ダウ理論で発生したトレンド波は大きく伸びる

⇒ 【エリオット波動の第3波】

 

以上のように、エリオット波動の3波の部分でトレードできさえすれば収益を大きく見込むことができるようになります。

ダウ理論により、エリオット波動の第1波や、最も大きく一番伸びる3波を容易く見つけることができる訳です。

エリオット波動のまとめ

 

今回はエリオット波動について解説しましたが、いかがでしたか?

ダウ理論のトレンドの見極めができれば、エリオット波動も見つけやすいと思います。

まずは、チャート上で過去の相場を見てみて下さい。

大きく3波を見つけることができれば、

第1波を見つけられるようになりましょうね。

トレンド相場は、トレーダーの心理が大きく反映された相場という見方もできるです。

負けないトレードは、このトレンド相場に便乗すれば大きな収益も目指せます。

まずは、リアルな市場でどのようなチャートの動きが発生しているのか、研究することをお勧めします。

 

テクニカル分析やファンダメンダル分析はコチラで解説しています↓

FX 初心者 相場分析
【FX初心者向け】相場分析の方法はファンダメンタル分析とテクニカル分析どちらが重要? FXでは、相場変動によって利益を確定していく訳ですから、根本となる相場を分析できる力を身に付けることが重要です。 しかし、...

最終的には、自分で裁量決済できることが理想ですが、
やはり、FXですぐに勝てるようになるには時間が掛かります。

私が実践しているFX自動売買システムを動かしながら、テクニカルの勉強をしていくという方法も良いかもしれませんね。

 

私が、年利200%の収益を上げているEA

ゴリラプラス EA
【Gorillaプラス(ゴリラプラス)】コロナ相場の中、年利200%の爆益で稼げるEAって本当か?実績を検証!Gorilla+(ゴリラプラス)EA』はそのようなプロのトレーダーでも資金を失ってしまう程の予測が難しい昨今のFX市場でも資金を溶かさずに年利で200%という驚異の爆益を上げているということでSNSでも評判になっています。私自身が、半年間に渡って検証した実績も公開して検証します。...